世界に一つだけの本が作れる!自費出版のメリットとデメリット

自費出版についてのメリット、デメリットを知るサイト

自費出版とはどんなもの

自費出版について興味がある、または自費出版で本を執筆し出版してみたいと考えている方もいるのではないでしょうか。 費用がかかるとはいえ、本を自作して出版出来るというのはとても魅力的ですよね。 では、自費出版で本を執筆するメリットとは何でしょうか?

デメリットも知っておく

デメリットを知っておくことで事前に対処や心構えが出来るので、本を出版するのであればメリットだけではなくデメリットもきちんと知っておくことが大切です。 折角本を作成することを決めたのに、こんな筈ではなかったという事態になってしまうのは悲しいですよね。 自費出版をする時のデメリットについてご紹介します。

出版時に注意すべき点、気をつけるべきこと

本の作成を決めた時に気にすべき注意点はメリット、デメリットであげた以外にも幾つかあります。 出版をするのであれば後悔することなく、何の問題もなく素敵な思い出としたいですよね。 それでは、自費出版をする時に注意すべき点について確認してみましょう。

魅力の大きいメリット

出版方法は、1種類だけではなく2種類あります。
自費出版と聞いて大勢の人が瞬時に思い浮かべるのは個人出版ではないでしょうか。
個人出版とはその名の通り本の企画や執筆、印刷や販売まで全ての工程に携わり出版に関しての費用は全額自己負担となるものです。

次に協力出版です。
協力出版とは出版に関しての費用を全額自己負担する個人出版に対し、本の制作費用は自己で負担となりますが流通広告の費用は出版社が負担してくれるというものです。
協力出版は大手出版社でも対応しており、書店に本が並び本が購入されると印税が貰えるなど商業本とあまり変わらない扱いをしてもらえます。

自費出版は印刷会社、出版社、自費出版専門業者など様々な会社で対応しており、その会社によって特徴などに違いがあります。
印刷会社で出版する場合、地域の印刷会社に依頼することが出来るので場所の制限なく出版することが出来ます。
他の会社と比較すると金額は安価で出来ますが、編集などについては他の会社より劣ってしまうようです。

出版社で出版する場合、普段より編集作業を担当している方々が在籍しているので編集に関しては他の会社に引けをとりません。
しかし、大手の出版社などある程度の認知度や知名度がある場合金額は高額になってしまうようです。

自費出版専門業者で出版する場合、専門としているだけあり出版社で出版するものとほぼ同等の本が出来上がります。
自費出版専門業者はネットで販売を行う会社もあります。